トップページ > コンテンツ >  BBクリームの種類

BBクリームの種類を化粧品(コスメ)としての用途(ジャンル)で分ける、ちょっと違...

BBクリームの種類を化粧品(コスメ)としての用途(ジャンル)で分ける、ちょっと違うかもしれませんがこういうBBクリームの種類分けで見てみましょう。

ハンスキンをはじめ韓国コスメとしてのBBクリーム、ナノーチェやシーラボなどの日本のBBクリームのメーカーのBBクリームの特徴として、『保湿クリーム』『美容液』『UVカット』 『化粧下地』『ファンデーション』『コンシーラー』といった複数の機能を持っていると説明されています。

ここで...?。化粧品の場合って大抵その用途で美容液とか化粧水とか表示されてますよね。
はい、BBクリームとしか表示されてないような。

とまあはっきり分けなくても、ミシャの公式サイトでBBクリームを選んで、例えば『ミシャ BBクリーム UV』を選ぶと、『ベースメイク⇒ファンデーション⇒フェイスパウダー⇒メイクアップベース⇒コンシーラー』に属しているとメニューに色が付き、徐々に色が薄くなってきています。
この事からも、BBクリームは多機能クリームということで良いのではないでしょうか。

下の動画で紹介している用に 「おネエMANS」でもI○KOさんが「ファンデーション?」と聞かれて「ファンデーションほど強くない」と言っていますし、やはり「BBクリーム」で通しています。
ちなみに、通販サイトをいろいろと調べてみると、ファンデーションとしっかりと表示している所もありますが、ほとんどがBBクリームとなっています。