トップページ > コンテンツ >  BBクリームの種類

BBクリームの種類

BBクリームの種類についてご紹介していきます、といっても日本製か韓国製かといった大まかな分け方やUVといった感じで紹介していきます。

BBクリームの大まかな分類

BBクリームの大まかな分類としては、もともとのBBクリームの化粧品としての人気の発端であり、大人気の『韓国製のBBクリーム』なのか、日本人の肌に合っわせたとして後発ながらも人気の『日本製BBクリーム』なのかといった種類分けが出来ます。

韓国と日本では使用できる成分に違いがあるので、使用できる成分の範囲内での違いがあります。
ですから、同じメーカーのBBクリームでも韓国国内用と日本用では、その成分が違ってきています。

この事は、ハンスキンなど韓国と日本でBBクリームを発売しているメーカーの公式サイトなどにもしっかりと明記されています。

【説明例】
正式に輸入されたBBクリームは、日本で販売するにあたりその配合成分をひとつひとつ調べ、日本で許可されている成分であることを確認、様々な検査を行い厳しい基準にクリアーした日本販売用の商品を作っていただいた上で輸入しています。
また、日本に輸入された後でも、販売の前に入念な検査を行って、各ショップや通販サイトなどを通して手元に届けられています。

多少その表現は違いますが、上記のような内容が公式サイトなどに記載されています。

しかし、だからといって韓国国内用のBBクリームがどうこうということではなく、あくまで規制により使用できる成分の違いであるということです。

ですから、BBクリームの種類としては、韓国製のBBクリームの国内向け・日本向け、そして日本製のBBクリームと言った所でしょうか。

【BBクリームの種類】
■韓国製のBBクリーム ■日本製のBBクリーム
韓国国内向けのBBクリーム
日本向けのBBクリーム

このページのトップへ↑

BBクリームの種類、化粧品(コスメ)としての用途(ジャンル)

BBクリームの種類を化粧品(コスメ)としての用途(ジャンル)で分ける、ちょっと違...

BBクリームの種類を化粧品(コスメ)としての用途(ジャンル)で分ける、ちょっと違うかもしれませんがこういうBBクリームの種類分けで見てみましょう。

ハンスキンをはじめ韓国コスメとしてのBBクリーム、ナノーチェやシーラボなどの日本のBBクリームのメーカーのBBクリームの特徴として、『保湿クリーム』『美容液』『UVカット』 『化粧下地』『ファンデーション』『コンシーラー』といった複数の機能を持っていると説明されています。

ここで...?。化粧品の場合って大抵その用途で美容液とか化粧水とか表示されてますよね。
はい、BBクリームとしか表示されてないような。

とまあはっきり分けなくても、ミシャの公式サイトでBBクリームを選んで、例えば『ミシャ BBクリーム UV』を選ぶと、『ベースメイク⇒ファンデーション⇒フェイスパウダー⇒メイクアップベース⇒コンシーラー』に属しているとメニューに色が付き、徐々に色が薄くなってきています。
この事からも、BBクリームは多機能クリームということで良いのではないでしょうか。

下の動画で紹介している用に 「おネエMANS」でもI○KOさんが「ファンデーション?」と聞かれて「ファンデーションほど強くない」と言っていますし、やはり「BBクリーム」で通しています。
ちなみに、通販サイトをいろいろと調べてみると、ファンデーションとしっかりと表示している所もありますが、ほとんどがBBクリームとなっています。

このページのトップへ↑

ポーラ・オルビスグループ
Decencia(ディセンシア)アヤナス BBクリーム

アヤナス BBクリーム

敏感肌だからと諦めないで!
ディセンシアの敏感肌の為のBBクリームだから実現できた、潤いと肌への優しさ。
1回小さめの真珠大の使用量で全顔ベースメークが完了できる感激の伸びの 良さ。
なんと1本で約180日も使えます!
敏感肌だからと諦めていた、気になるたるみ毛穴・黄ぐすみを徹底カバーできる感動のカバー力をぜひ お試し下さい。